生活習慣の改善が重要

ニキビの原因は生活習慣にあるので生活習慣を改善することが大切です。睡眠不足は健康に悪影響を与えますが、ニキビにも悪影響を与えます。睡眠不足でターンオーバーが遅れてしまい、古い角質が蓄積して毛穴がつまりニキビができます。睡眠中に成長ホルモンが分泌されてターンオーバーが促されるので、夜は早めに寝るようにして、せめて7時間くらいの睡眠時間は確保しましょう。

睡眠の質と時間帯も重要です。成長ホルモンが活発に分泌されるのは、睡眠に入ってからの最初の深い睡眠です。ターンオーバーが促されるのは22時から2時までの間です。そのため、22時から2時までの間に質がよい睡眠をとることがポイントになります。

ストレスを感じると胃が痛くなるなど不調を感じることがありますが、ニキビもストレスとの関係があります。ストレスを感じると自律神経のうち交感神経が活発に働きます。交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌が促されます。男性ホルモンには皮脂分泌を活発にする働きがあり、男性ホルモンが増えることで過剰に皮脂が分泌され、毛穴をつまらせてニキビを作ります。ストレスはコルチゾールというホルモンも分泌させます。コルチゾールには男性ホルモンを刺激する働きがあり、男性ホルモンによって皮脂分泌が活発になります。ストレスをなくすことは難しいので、自分なりのストレス解消方法を見つけてみましょう。ゆっくり深い呼吸をすることでもリラックスできます。