生活習慣の改善が重要

ニキビの原因は生活習慣にあるので生活習慣を改善することが大切です。睡眠不足は健康に悪影響を与えますが、ニキビにも悪影響を与えます。睡眠不足でターンオーバーが遅れてしまい、古い角質が蓄積して毛穴がつまりニキビができます。睡眠中に成長ホルモンが分泌されてターンオーバーが促されるので、夜は早めに寝るようにして、せめて7時間くらいの睡眠時間は確保しましょう。

睡眠の質と時間帯も重要です。成長ホルモンが活発に分泌されるのは、睡眠に入ってからの最初の深い睡眠です。ターンオーバーが促されるのは22時から2時までの間です。そのため、22時から2時までの間に質がよい睡眠をとることがポイントになります。

ストレスを感じると胃が痛くなるなど不調を感じることがありますが、ニキビもストレスとの関係があります。ストレスを感じると自律神経のうち交感神経が活発に働きます。交感神経が優位になると男性ホルモンの分泌が促されます。男性ホルモンには皮脂分泌を活発にする働きがあり、男性ホルモンが増えることで過剰に皮脂が分泌され、毛穴をつまらせてニキビを作ります。ストレスはコルチゾールというホルモンも分泌させます。コルチゾールには男性ホルモンを刺激する働きがあり、男性ホルモンによって皮脂分泌が活発になります。ストレスをなくすことは難しいので、自分なりのストレス解消方法を見つけてみましょう。ゆっくり深い呼吸をすることでもリラックスできます。

エステやクリニックも

なかなか治らない場合は、エステやクリニックの力を借りるのもよいでしょう。たかがニキビで通うのも恥ずかしいと思うかもしれませんが、繰り返しニキビができると、炎症によって色素沈着やクレーター状のニキビ跡ができてしまいます。真皮にまで達したニキビ跡はセルフケアでは治らないので、ニキビ跡を残さないためにも早めのケアが重要です。

クリニックでは主に外用薬、内服薬、面皰圧出などでニキビを治します。ニキビの状態によって治療方法は異なります。抗生物質の外用薬は悪化した赤ニキビに使用されることが多いです。ニキビの原因菌を殺菌して炎症を鎮めます。抗生物質以外の外用薬ではディフェリンゲルやトレチノインがあり、毛穴のつまりを取り除いたり、毛穴をつまりにくくします。ニキビの炎症が重度の場合は抗生物質の内服薬で治療をします。ストレスなどの影響で男性ホルモンが増えて、女性ホルモンとのバランスが崩れている場合は、ホルモン剤の内服薬での治療方法があります。

面皰圧出は、専用の器具で毛穴にたまった皮脂を取り除く方法です。たまった皮脂を取り除くことで、ニキビの治りが早くなったり繰り返しできにくくなります。方法は、消毒をしニキビの先端に穴を開け、専用の器具で皮脂を出します。医師がニキビの状態を見ながら行うので自己流とは違います。