大人ニキビの原因とは

思春期のニキビとは違った感じのニキビが顔にできるのを感じたことがありませんか。生理前にできるもの、口やあごの周りにできるもの、常に繰り返してできるものなど、これらは大人ニキビです。これは思春期のものとは違った原因でできます。

思春期のニキビの原因は、成長ホルモンによる過剰な皮脂分泌です。額から鼻にかけてのTゾーンにできやすく、ギトギト油っぽいことが特徴です。大人ニキビの原因は古い角質がたまることと肌の乾燥です。

肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は約28日周期ですが、肌代謝が悪くなるとターンオーバーが遅れるようになり、古い角質が蓄積して毛穴をつまらせます。ターンオーバーが遅れると肌は乾燥し、乾燥によって角質が厚く固くなって、さらにできやすい状態になります。毛穴の出口がふさがれた毛穴の中ではアクネ菌が繁殖し、アクネ菌による炎症でニキビができます。

ニキビができる原因は日常生活にあります。寝ている間は成長ホルモンが活発に分泌されて肌の修復が行われています。夜更かしをすると肌の修復がしっかりとできないため、角質がたまってしまいます。自律神経も乱れて過剰な皮脂分泌を招き悪化させることになります。偏った栄養も大人ニキビの原因です。栄養が不足するとターンオーバーが乱れるし、脂肪分や糖分を過剰に摂取するれば皮脂分泌が活発になります。無理なダイエットで食事バランスを崩すとニキビができやすくなります。ほかには、外食が多かったり、インスタント食品ばかり食べている方も注意が必要です。